Loading...

おすすめコース

昭和レトロな三朝温泉街散策コース


昭和レトロな三朝温泉街をぶらぶら歩き

三朝温泉のラジウムは世界有数のラドンの含有量を誇り、世界的にもトップクラス。各旅館の内湯には趣向を凝らした個性的なものが多く、三朝橋から見下ろす河原には「河原露天風呂」があり、せせらぎを聞きながら入浴することができます。三徳川に沿って旅館街の町並みが続き、三朝橋を中心に、下流にかじか橋、上流には恋谷橋と、それぞれ風情のある架橋があり、ぶらりと散策するのも楽しいです。夏にはカジカガエルの鳴き声が旅人を迎えてくれます。

モデルルート



デイ1
三朝温泉ほっとプラ座(観光案内所) → 大綱引き資料館 陣所の館 → 湯の街ギャラリー →  三朝温泉街でランチ → 足湯・飲泉場「薬師の湯」 → 三朝神社・神の湯(飲泉場) → 公衆浴場・足湯・飲泉場「株湯」 →  恋谷橋 →  三朝橋・映画「三朝小唄」の像 →  三朝温泉ほっとプラ座(観光案内所)


デイ2


デイ3

ルートマップ

三朝温泉ほっとプラ座(観光案内所)

観光協会・旅館組合・商工会が入っている、観光・商工の拠点。観光・旅館・入浴案内などはお気軽に観光案内所へお立ち寄りください。8:30~17:30まで300円で利用可能なレンタサイクルもあります。

関連情報へ

徒歩で約30秒(約75m)

大綱引き資料館 陣所の館

三朝温泉の伝統の祭り「花湯まつり」のメインイベント「陣所の綱引き」で使用する藤かずらで編んだ巨大な綱(実物)が展示してあります。藤かずらで作られた綱は、全国でも大変珍しいものです。(木曜日休館)

関連情報へ

徒歩で約30秒(約50m)

湯の街ギャラリー(梶川理容館)

湯の街ギャラリーはオレンジ色の看板が目印です。温泉本通りを中心に、旅館やお店を小さな博物館として展開しているのが「湯の街ギャラリー」です。こだわりのコレクションをショーウインドウに展示したり、スペースを開放して自由に見学できたりするギャラリーは、約18ヶ所あります。

理容資料館を兼ねた「梶川理容館」の店内には、世界の珍しい理容器具が並ぶレトロ溢れるギャラリーで、ヴィクトリア朝やアールヌーヴォーの理髪椅子やシェービングマグなどが店内に展示されています。

他にも、様々なカジカガエルの人形を飾ってある「カエル人形館」や「カムパネルラの館」、「藤井酒造」、調理師の剥き物の技法を用い、「高野豆腐」で作られた珍しい彫刻作品を展示している「調刻の館」など、点在しています。

関連情報へ

温泉街でランチ

観光案内所では三朝温泉街の「お食事処MAP」を配布しています。お気に入りのお店を見つけてください。

《みささラ〜ドン麺》
・三朝発の汁なしラーメン。町内7店舗でお楽しみいただけます。三朝に来たらぜひ一度ご賞味あれ!!

関連情報へ

徒歩で約1分(約120m)

足湯・飲泉場「薬師の湯」

温泉の薬効がお祈りしてある温泉街の神様「お薬師さん」が祀られている広場に「薬師の湯」はあります。お薬師さんには、健康祈願に訪れる人も多いです。

利用時間:9:00~21:30
料金:無料

関連情報へ

徒歩で約2分(約220m)

三朝神社・神の湯(飲泉場)

御神木「椋の木」などの大木に守られた静かな神社。手水舎「神の湯(飲泉場)」のお清めの水は温泉のお湯を使用しています。健康を祈って飲むと、一段とご利益があると言われています。

飲泉場「神の湯」 利用時間:24時間/料金:無料

関連情報へ

徒歩で約5分(約420m)

公衆浴場・足湯・飲泉場「株湯」

三朝温泉の起源でもある「株湯」は三朝温泉元祖の湯で別名「元湯」とも呼ばれています。三朝温泉の歴史はここから始まったと言われています。

【公衆浴場】
利用時間:8:00~21:45(最終受付21:15)(月曜日のみ10:00~21:45)
料金:大人350円・小人200円(3才以上)

公衆浴場「株湯」に隣接する「足湯」「飲泉場」は無料でご利用いただけます。ぜひご利用ください。

【足湯・飲泉場】
利用時間:飲泉:24時間/足湯:8:00~21:00(月曜日のみ10:00~)
料金:無料

関連情報へ

徒歩で約4分(約400m)

恋谷橋

夜のライトアップも美しい上流の橋。別名はフランス語で「ヴアレ・ドウ・ラムール」歩道には東屋があり、瀬音を聞きながら、ひととき過ごすのもロマンチックです。この橋にあるかじか蛙像は、縁結びのかじか蛙として親しまれており、撫でることでご縁を授かることができます。

関連情報へ

徒歩で約5分(約420m)

三朝橋・映画「三朝小唄」の像

温泉街の主軸ともいえる三朝橋は昭和9年に造られた青御影石造りの風流な橋。三朝大橋の名で親しまれ、たもとには三朝温泉名物、露天風呂の「河原風呂」と足湯「河原の湯」があります。その河原風呂入口に三朝小唄80周年記念モニユメン卜が建っています。昭和4年に制作された映画「三朝小唄」の主人公、男女の二人が三朝橋で寄り添う姿のブロンズ像です。

関連情報へ

徒歩で約30秒(約50m)