Loading...

新着情報

2022.7.15

三徳山・重要文化財木造蔵王権現立像の特別拝観のご案内

三徳山よりお知らせです。

 

「三徳山夏会式 大般若転読会」開催

開催日:三徳山夏会式 令和4年7月18日(月)
開催場所:三徳山三佛寺本堂(鳥取県東伯郡三朝町大字三徳1010)
お問合せ:三徳山三佛寺(0858-43-2666)

 三徳山で行われる夏の祭事「大般若転読会(だいはんにゃてんどくえ)」が行われます。大般若とは正しくは大般若波羅蜜多経といい、西遊記で有名な三蔵法師によって伝えられた六百巻のありがたいお経のことで、三徳山ではこれを護摩供(ごまく)と共に転読し、法要を行います。転読とは経本を一巻一巻広げ、ばらばらと流し読むことで清らかな般若の風が起こり、その風により皆様に加護を与えると云われ、地域安全・五穀豊穣・厄災消除などを祈願されます。
 また、本年は三佛寺奥院(投入堂)に安置されていた御像のひとつ、「重要文化財木造蔵王権現立像」が特別公開されます。この御像は、平成29年度に重要文化財に追加指定され、それを記念して公開されて以降、実に5年ぶりの一般公開となります。

 

「重要文化財 木造蔵王権現立像 特別拝観」

公開場所:三徳山三佛寺本堂(鳥取県東伯郡三朝町大字三徳1010)
公開期間:令和4年7月18日(月)~令和4年8月17日(水)
お問合せ:三徳山三佛寺(0858-43-2666) 

 この度、国宝「三仏寺奥院(投入堂)」に安置されていた御像のひとつ「重要文化財木造蔵王権現立像」が期間限定で特別に公開されます。
 公開される木造蔵王権現立像は、投入堂本尊の御前立として安置されていたもので、かつては近世の厚い色彩によって制作年代が不詳でした。
近年その後補の彩色が除去され、さらに年輪年代法によって、その伐採年代が西暦1002年を上限とすることが判明しており、平成29年度には重要文化財に追加指定されています。

 今回の特別拝観は、平成29年に重要文化財への追加指定を記念した一般公開以来、実に5年ぶりの公開となり大変貴重な機会ですので、皆様ぜひ御覧ください。

 なお、公開初日は「三徳山夏会式 大般若転読会」を開催しています。
併せて御覧ください。

 

URL:https://www.mitokusan.jp/

日本遺産ポータルサイト:六根清浄と六感治癒の地